No hate. No violence
Races? Only one Human race
United We Stand, Divided We Fall
Radio Islam
Know Your enemy!
No time to waste. Act now!
Tomorrow it will be too late

English

Franç.

Deutsch

Arabic

Sven.

Español

Portug.

Italian

Russ.

Bulg.

Croat.

Czech

Dansk

Finn.

Magyar

Neder.

Norsk

Polski

Rom.

Serb.

Slov.

Indon.

Pers.

Türk.

日本語

汉语

試訳:『特別措置』と焼却棟Ⅱ:19431月のチフスの流行

マットーニョ

 

歴史的修正主義研究会試訳

最終修正日:200383

 

本試訳は当研究会が、研究目的で、Carlo Mattogno, Sonderbehandlung” and Crematory II: The Typhus Epidemic of January 1943を試訳したものである。
 誤訳、意訳、脱落、主旨の取り違えなどもあると思われるので、かならず、原文を参照していただきたい。

online: http://www.russgranata.com/sonder.html

 

 

 

 焼却に関して、「特別措置(Sonderbehandlung)」と「特別処置(Sondermassnahmen」という単語は、同じ意味を持っている。焼却棟Ⅱの電力供給に関する1943129日のメモ文書は、次のように述べている。

 

「[1943215日からの焼却棟の]作動の開始は、既存の機関の限定的な使用のみにもとづくことができる(一方、特別措置との同時の焼却は可能である)。焼却棟への[電力]供給線が、それを完全に稼動させるには弱すぎるからである。」

 

("Diese Inbetriebsetzung kann sich jedoch nur auf beschränkten Gebrauch der vorhandenen Maschinen erstrecken (wobei eine Verbrennung mit gleichzeitiger Sonderbehandlung möglich gemacht wird), da die zum Krematorium führende Zuleitung für dessen Leistungsverbrauch zu schwach ist").1

 

 「特別措置との同時の焼却」という表現は何を意味しているのであろうか。ドヴォラクとペルトは次のように答えている。

 

「ビショフとデヤコがガス室を含むように、焼却棟ⅡとⅢの死体安置室計画を修正したとき、彼らは、建物の予想電気消費量を増やした。換気システムは、チクロンB(ママ)をガス室から排出し、焼却器の炎に風を吹きかけることを同時に行なった。彼らは、電気システムの契約者であるAEGと契約していたが、AEGは、システムが必要とするような高圧サーキットブレーカーを手に入れることができなかった。その結果、焼却棟Ⅱは、臨時の電気システムを供給されることになった。焼却棟Ⅲには、何も利用できるものがなかった。さらに、カトヴィツのAEGの代表者であるトミチェク技師は、臨時システムの能力は『特別措置』と焼却の同時進行を許容しないであろうとアウシュヴィッツ建設局に警告した。」(2

 

 換言すると、焼却棟への電力供給線が不十分なために、焼却とガス処刑を同時に行なうことは不可能であるというのである。実際には、(「ガス室」への勝手な言及は別として)この文章は、逆のこと、すなわち、「既存の機関の限定的な使用」が「特別措置との同時の焼却」を許容しているということを述べている。

 前述の文章の意味を理解するには、この文章を歴史的文脈から捉えなくてはならない。電気技師でSS下級隊長スヴォボダは中央建設局技術部長であった。1943129日、トップフ社の技師プリュファーは、ビルケナウの4つの焼却棟の建設現場を視察し、「試験報告」を書いて、焼却棟Ⅱについて次のように記している。

 

5つの3炉室焼却炉が出来上がっており、現在、温められて乾燥されている。地下の死体安置室のための吸排気換気システムの搬入は、鉄道封鎖のために遅れている。だから、その設置は今から10日以降のことであろう。だから、焼却棟Ⅱを43215日に稼動させ始めることは、確実に可能である。」

 

("Die 5 Stück Dreimuffel-Einäschenungsöfen sind fertig und werden z.Zt. trockengeheizt. Die Anlieferung der Be- und Entlüftungsanlage für die Leichenkeller verzögerte sich im Folge der Waggonsperre, sodass der Einbau voraussichtlich erst in 10 Tagen erfolgen kann.
Somit ist die inbetriebnahme des Krematoriums II bestimmt am 15.2.43 möglich.")
3

 

 この報告に関して、スヴォボダのメモ文書は次のように述べている。

 

1)焼却棟を稼動させることを延期するというプリュファーの提案時期(1943215日)は、「既存の機関の限定的な使用」ということにおいてのみ尊重されることができる。

2)これは、「特別措置との同時の焼却」も保証するであろう。

 

「既存の機関」とはどのことであろうか。この問題に関する回答は、二つの重要な文書のなかに発見される。焼却棟Ⅱに関する1943129日のキルシュネクのメモ文書は次のように述べている。

 

「圧縮送風機の焼却棟のモーター用の電気接続部分は、移動・再配置されている。煙突のところにある3つの大きな吸気設備が設置され、稼動準備に入っている。ここでも、モーター用の電気接続部分が再配置されている。死体搬送エレベーター(巻き上げ式)が臨時に設置されている。鉄道封鎖が解除されたのはほんの数日前だったので、地下の死体安置室用の吸排気換気装置は到着していない。貨車は動き始めているので、これらの資材の到着を毎日待っている。

設置は約10日間のあいだにすすめることができる。」

 

("Die elektrischen Anschlüsse für die zum Ofen gehörenden Motore für die Druckluftgebläse werden z.Zt. verlegt. Die 3 grossen Saugzuganlagen, an den Schornsteinen befindlich, sind eingebaut und betriebsfertig erstellt. Auch hier werden zur Zeit die elektrischen Anschlüsse für die Motoren verlegt. Der Leichenaufzug wird z.Zt. provisorisch eingebaut (als Plateauaufzug). Die Be- und Entlüftungsanlage für die Leichenkeller ist infolge der Waggonsperre, die vor einigen Tagen erst aufgehoben wurde, noch nicht eingetroffen, die Waggons rollen und wird täglich mit dem Eintreffen dieser Materialen gerechnet.
Der Einbau kann in ca. 10 Tagen erfolgen..")
4

 

トップフ社の設置者ハインリヒ・メッシングは、19431月に、自分が焼却棟Ⅱで行なった作業について、メモを残しているが、これは、キルシュネク報告を裏打ちしている。

 

04/05.01:旅行

05/10.01:焼却棟に吸気設備を設置

11/17.01:焼却棟Ⅰ(Ⅱ)に3つの吸気設備を輸送・設置

18/24.01:戦争捕虜収容所焼却棟Ⅰ(焼却棟Ⅱ)に吸気設備を設置

25/31/.01:吸気・排気設備。5つの3炉室炉用の5つの副次的送風機が設置。資材の輸送

01/07.025つの3炉室炉用の副次的送風機が設置」

 

("04/05.01: Reise.
05/10.01: Montagen d. Saugzug-Anlagen in Krematorium.
11/17.01: Transport und Montage der 3 Saugzug-Anlagen im Krematorium I. (II)
18/24.01: Saugzug-Anlagen im Krematorium I. K.G.L. montiert. (Kr II)
25/31.01: Saugzug u. Be u. Entlüftungsanlagen. 5 Stück Sekundargebläse für die 5 Dreimuffelöfen montiert. Transport des Materials.
01/07.02 Sekundargebläse für die fünf Dreimuffelöfen montiert.")
5

 

 臨時エレベーターはまだ設置されていなかった。それは、1943126日に、中央建設局がHäftlingsschlosserei社に発注していたが(Auftrag Nr. 2563/146)、その製造は、313日に中止された。(6

 結局、1943129日時点の「既存の機関」とは次のようなものであった。

      送風機625D7)――380volt15CVの三極エンジン――を備えた、煙突の3つの吸排気設備。(8

      送風機290M――380volt1420 rpm3CVの三極エンジン――を備えた、炉のための5つの圧縮空気装置(9

      予定されてはいたがまだ設置されていない機関は、

      B室(死体安置室1)用の吸排気設備(380volt2CV2つの三極エンジン)

      炉室用のEntlueftungsanlage380volt3.5CV1つの三極エンジン)

      洗浄室用のEntlueftungsanlage380volt1CV1つの三極エンジン)

      L室(死体安置室2)用のEntlueftungsanlage380volt5.5CV1つの三極エンジン)(10

 

 ここまでくれば、第二の質問に答えることができる。もし、炉室用の送風機と吸気装置を備えた既存の機関の限定的使用が、「特別措置との同時の焼却」を保証したとすれば、この「特別措置」が死体安置室1の「殺人ガス室」とはまったく関係を持っていないことは明らかである。しかし、特別措置はこれらの施設、とくに焼却自体に関連している。すなわち、それは、死体処理に関係しているのであって、生きている人間の処理には関係していない1942年にはチフスが蔓延し、事態は危機的であった。このために、SS経済管理局D課長で、SS師団長、武装SS少将グリュックスは、1943208日に、「収容所の完全な検疫」(11)を命令している。このような歴史的文脈のなかで考えると、1943129日のメモ文書にある「特別措置」という単語は、以前にも説明したように、衛生的な意味の拡張であるにすぎない。すなわち、衛生的な観点から見ると、「既存の機関」は、限定的な使用方法で、例外のない焼却を保証したのである。このことは、2週間ほど前の2通の文書で確証されている。1943113日、ビショフは、アウシュヴィッツのドイツ装備会社に「建築室用の大工仕事の実行」について書簡を送っている。このなかで、ビショフは、「収容所の焼却棟Ⅰ用の」ドアの入手が遅れていることに不満を述べている。そのなかで、彼は次のように述べている。

 

「とくに、421026日に発注した強制収容所の焼却棟Ⅰ用のドアBftgb.Nr.17010/42/Ky/Paは特別処置の実行のためにきわめて必要である。」

 

("So sind vor allem die mit Auftragsschreiben vom 26.10.42 Bftgb. Nr. 17010/42/Ky/Pa bestellten Türen für das Krematorium I im KGL, welches zur Durchführung der Sondermassnahmen dringend benötigt wird.")12

 

 すでに示してきたように、「特別処置の実行」には、まったく犯罪的な意味合いはない。それどころか、それは、ビルケナウのBⅢ地区の囚人用病院を含む保健衛生的な施設の建設に関係している。それゆえ、焼却棟が「特別処置の実行」のために建設されたとしても、それは、焼却棟がこれらの施設の一部であることを意味しており、その保健衛生的機能がもっぱら、死んだ囚人の死体の焼却であったことを意味しているのである。

 

(1)              VffG December 1997, p. 277 (citation by David Irving).

(2)              Deborah Dwork, Robert Jan van Pelt, Auschwitz 1270 to the Present. W.W. Norton & Company, New York, London, 1996, p. 330.

(3)              Prüfbericht des Ing. Prüfers of 29 January 1943. APMO, BW 30/34, p. 101.

(4)              Kirschnek Aktenvermerk of 29 January 1943. BW 30/34, p. 105.

(5)              J.C. Pressac, Auschwitz, p. 370.

(6)              processo Höss, p. 83.

(7)              doc. 190.

(8)              Schluss-Rechnung of the Topf company to the ZBL regarding "BW 30 - Krematorium II." TCIDK, 502-2-26, p. 230.

(9)              doc. 189.

(10)          Topf Rechnung Nr. 171 of 22 February 1943 concerning the ventilation installations of Crematory II. TCIDK, 502-1-327, pp. 250-250a. I published a copy of this document in Auschwitz: fine di una leggenda. Edizioni di Ar, 1994, pp. 83-84.

(11)          APMO, Standort-Befehl, D-Aul-1, p. 46.

(12)          APMO, BW 30/34, p. 78.


『いわゆるヒトラー一派のガス室といわゆるユダヤ人の虐殺は、同一の歴史的嘘である。この嘘のおかげで、非常に大きな政治的・金銭的詐欺行為が容認され、そのおもな受益者はイスラエル国家と国際シオニズムであり、そのおもな犠牲者はドイツ国民―その指導者ではない――とパレスチナ民族全体である。』

— ロベール・フォーリソン教授博士

Palestine banner
Viva Palestina!

What is this Jewish carnage really about? - The background to atrocities

アウシュヴィッツでの死亡者は何名か?
ロベール・フォーリソン

ホロコースト修正主義についてのQ&A

Judaism is Nobody's Friend
Judaism is the Jews' strategy to dominate non-Jews.

Jewish Manipulation of World Leaders - Photos 

Elie Wiesel - A Prominent False Witness
By Robert Faurisson


Iraq under Jewish occupation
Iraq - war and occupation


アウシュヴィッツの争点
木村 愛二

写真はナチスのユダヤ人絶滅を証明しているか? 
ウド・ヴァレンディ

Hasbara - The Jewish manual for media deceptions

総統代理ルドルフ・ヘスの遺産
マーク・ウェーバー

Britain under Jewish occupation!


Jewish World Power
West Europe    East Europe
Americas          Asia
Middle East       Africa
      U.N.              E.U.

 

The Internet and Israeli-Jewish infiltration/manipulations

Books - Important collection of titles

フランスのイスラエル=シオニスト・ロビー
ロジェ・ガロディ著

我が闘争
アドルフ・ヒトラー (抄訳)

Jews and Crime  - The archive!

When Jews rule...
The best book on Jewish Power


Sayanim - Israel's and Mossad's Jewish helpers abroad

ルドルフ報告 - アウシュヴィッツの「ガス室」の化学的・技術的側面についての専門家報告

The Israeli Nuclear Threat

The "Six Million" Myth

Jewish "Religion" - What is it?

Medias in the hands of racists

Down with Zio-Apartheid
Stop Jewish Apartheid!

Israel controls U.S. Presidents
Trump, Obama, Bush, Clinton...

修正主義の勝利
ロベール・フォーリソン

The Jewish hand behind Internet The Jews behind Google, Facebook, Wikipedia, Yahoo!, MySpace, eBay...

アメリカのイスラエル=シオニスト・ロビーロジェ・ガロディ著

The Jews behind Islamophobia

ワシントン最強の親イスラエル圧力団体

The Founding Myths of Modern Israel
偽イスラエル政治神話
ロジェ・ガロディ著


Jewish hate against Christians
By Prof. Israel Shahak

シオニスト『ガス室』謀略の周辺事態

トレブリンカ - 絶滅収容所か通過収容所か
C. マットーニョ、J. グラーフ

Karl Marx: The Jewish Question

アウシュヴィッツ:伝説の終焉
カルロ・マットーニョ

"Anti-Semitism" - What is it?

動画   

The Jews Banished 47 Times in 1000 Years - Why?

シオン長老の議定書

The International Jew - By Henry Ford

Pravda interviews Ahmed Rami

The Founding Myths of Modern Israel
Shahak's "Jewish History"


1980年代のイスラエルの戦略 この記事は1982年2月『Kivunim、A Journal for Judaism and Zionism』の第14号、冬季5742にヘブライ語で掲載されたものである。

Judaism and Zionism inseparable

第二次大戦中のドイツの強制収容所における殺人ガス処刑についての目撃証言
ユルゲン・グラーフ

"Jewish History" - a bookreview

写真  

アウシュヴィッツ国立博物館員ピペル博士へのインタビュー
デイヴィッド・コール

Racist Jewish Fundamentalism

The U.S. cost of supporting Israel

Talmud unmasked
タルムード抜粋一例

Jews DO control the media - a Jew brags! - Revealing Jewish article

航空写真と矛盾している12の「目撃証言」(J.ボール)  

Quotes - On Jewish Power / Zionism

今日の米国ユダヤ人の経済力

政治漫画 

戦いに参加する - Join the Fight!