No hate. No violence
Races? Only one Human race
United We Stand, Divided We Fall
Radio Islam
Know Your enemy!
No time to waste. Act now!
Tomorrow it will be too late

English

Franç.

Deutsch

Arabic

Sven.

Español

Portug.

Italian

Russ.

Bulg.

Croat.

Czech

Dansk

Finn.

Magyar

Neder.

Norsk

Polski

Rom.

Serb.

Slov.

Indon.

Pers.

Türk.

日本語

汉语

試訳:映画評「ミスター・デス」

G. Raven

歴史的修正主義研究会試訳

最終修正日:2006年6月5日

 

本試訳は当研究会が、研究目的で、Greg Raven, Flawed Documentary of Execution Expert [Fred Leuchter], The Journal of Historical Review, volume 18 no. 5を「映画評『ミスター・デス』」と題して試訳したものである。(文中のマークは当研究会が付したものである。また、テキスト本文に関係しているシーンも、研究目的の参考資料として当研究会が補足したものである。)

誤訳、意訳、脱落、主旨の取り違えなどもあると思われるので、かならず、原文を参照していただきたい。

online: http://www.ihr.org/jhr/v18/v18n5p62_Raven.html

[歴史的修正主義研究会による解題]

 世界的なセンセーションを巻き起こした「ロイヒター報告」の作者フレッド・ロイヒターをあつかったエロール・モリスのドキュメンタリー映画「ミスター・デス:フレッド・A・ロイヒター・Jr.の興亡」に対する修正主義者G. Ravenによる評論。ペルトによる陳腐でまったく根拠のないロイヒター報告批判、ロイヒターのサンプルの分析を行なった化学者ロスの二枚舌、ユダヤ系活動家による学術論争とは無縁な、ロイヒターに対する人格攻撃などにもかかわらず、ロイヒターの所説の論理的明晰さ、「殺人ガス室」の法医学的調査の必要性、およびロイヒター自身の人柄の誠実さをうかがい知ることができるという。

[本サイト内の関連文献]

試訳:第二ロイヒター報告(ダッハウ、マウトハウゼン、ハルトハイム)

試訳:アウシュヴィッツとビルケナウの「ガス室」に関する技術的・化学的考察(G. ルドルフ

試訳:ルドルフ報告、アウシュヴィッツの「ガス室」の化学的・技術的側面についての専門家報告

永岑氏の「ロイヒター報告」批判の批判(歴史的修正主義研究会)

永岑氏の「ルドルフ報告」批判の批判(歴史的修正主義研究会)

ヴァン・ペルト教授の「ガス室の化学」の笑点(G. ルドルフ)

 

処刑専門家[フレッド・ロイヒター]についての欠陥のあるドキュメンタリー

 

Mr. Death: The Rise and Fall of Fred A. Leuchter, Jr.(ミスター・デス:フレッド・A・ロイヒターJr.の興亡」 (1999)。ジャンル:ドキュメンタリー映画。上映時間:1時間31分。MPAA(アメリカ映画協会)格付け:PG-13。出演:Fred A. Leuchter, Jr., David Irving, James Roth, Shelley Shapiro, Suzanne Tabasky, Robert-Jan Van Pelt, Ernst Zündel。監督:Errol Morris。プロデューサー:Dorothy Aufiero, David Collins, Michael Williams。ライオン・ゲート・フィルム。

映画「ミスター・デス」(監督エロール・モリス)

 

 「ミスター・デス」は、合衆国連邦裁判所が処刑技術の分野での資格ある専門家として認めたフレッド・A・ロイヒター・Jr.の生活と仕事をあつかった型にはまったドキュメンタリーである。1988年、ロイヒターは、その資格にもとづいて、ドイツ系カナダ人出版者エルンスト・ツンデルから、ポーランドのアウシュヴィッツとビルケナウにある「ナチのガス室」に対するはじめての大々的な法医学的検証を行なうように委託された。ロイヒターが、ガス室があったとされる施設は大量絶滅のためには使われなかった――使われることができなかったに違いない――と証言すると、ユダヤ系活動家たちが彼の生活を破壊した(Winter 1992 Journal, pp. 421-492)。

 監督エロール・モリスはエキセントリックな人物として知られている("Stairway to Heaven," "Fast, Cheap & Out of Control," "The Thin Blue Line," and "Gates of Heaven")。それにしても、モリスはユダヤ人であり、ホロコーストで親族をなくしていると話していること、そして、ユダヤ人グループはロイヒターのことを危険な反ユダヤ主義者と描こうとしていることを考えると、モリスがロイヒターという題材を選択したことは奇妙に思われるかもしれない。

 

<ロイヒターのバックグラウンド>

ロイヒターは、映画冒頭のクレジットシーンでは、電気スパークの中を床から登ってくる特大の鳥篭のようなものの中に座っている。

特大の「鳥篭」に入って登場するロイヒター

 

映画は、この騒々しい冒頭シーンのあと、ロイヒターがアメリカでただ一人の処刑施設専門家となっていった道をたどっていく。ロイヒターは、マサチューセッツ州の看守であった父親と仕事に出かけたために、刑務所、刑務所職員、囚人のあいだで成長したことを回想している。モリスは、インタビューと新しい場面を同時進行のイメージその他のビデオクリップと組み合わせて、衝撃的な効果を持つ変化するシーンを作り上げる天分を持っていることが、すぐに明らかとなる。

処刑専門家となった生い立ちを説明するロイヒター

 

 ロイヒターは、自分が処刑施設の政策に関与するようになったのは、多くの州立刑務所では処刑施設が「死の前に拷問を与えているような」嘆かわしい状態にあったためであると説明する。

 

「何年もまえ、州政府から電気椅子を見てくれるよう頼まれました。私は、この装置の状態に驚き、より人間的な処刑を行なうのに必要な変更を指示しました。」

 

 ロイヒターの最初の仕事はテネシー州の電気椅子の改良だった。そして、この仕事のおかげで、他の州の刑務所からも仕事の依頼がきたが、彼も認めているように、その仕事の依頼は論理性を欠いていた。

 

電気椅子を調べるロイヒター

 

「電気処刑を注射による処刑にかえることは私の手に余りました。電気椅子を製作できることは、注射処刑機械を製作できることを意味しているわけではないからです。まったく異なったコンセプトにもとづいているからです。…基本的に、州同士が情報を交換していました。…ですから、私が電気椅子のためのヘルメットを作ることができるとすれば、注射処刑機械も作ることtができるということになったのです。そして、注射処刑機械を作ることができるとすれば、絞首台も作ることができるということになったのです。さらに、絞首台を作ることができるとすれば、ガス室についても作業できるということになりました。電気椅子、注射処刑機械、絞首台という3つの仕事をこなしたではないかというわけです。必要なバックグラウンドを持っていること、調査を行なえること、問題を発見し、それを解決できるという事実が、本当の能力なのです。」

 

 「ミスター・デス」はその冒頭の30分ほどを、ロイヒターの経歴の紹介に費やしている。その大半は、ロイヒターのクローズアップとロイヒターのモノローグであり、それ以外のシーンが挟まって時間はごく限られている。しかし、このあとの場面からはまったく変わってしまう。

 

<ロイヒター報告>

 トロントでは、エルンスト・ツンデルが、ほとんど利用されていない「虚偽のニュース」法で裁かれていた。ナチのガス室での大量殺戮などの絶滅物語に疑問を呈していたイギリス人著述家リチャード・ハーウッドの小冊子『600万人が本当に死んだのか?』を出版したというのであった。フランスの修正主義者フォーリソンは、それまで一度も行なわれたことのないナチの「ガス室」の法医学的検証を著名なアメリカのガス室専門家に依頼するようツンデルを説得した(Robert Faurisson, "The Zündel Trials [1985 and 1988]," Winter 1988 Journal, pp. 417-431参照)。映画の中で、ツンデルは、「ガス室専門家を電話帳で検索すると、フレッド・ロイヒターなる人物しかいませんでした。他の誰もいなかったのです。彼は、私たちの唯一の希望でした」と説明している。

ロイヒターに「ガス室」の技術的・化学的調査を依頼したツンデル

 

ロイヒターもこう述べている。

 

「私がカナダで証言したのは二つの理由からです。一つは、この裁判の争点が言論の自由、意見の自由であったことです。私は、合衆国憲法修正条項を支持するアメリカ人として、ツンデル氏には自分の意見を表明する権利があると思っています。私は合衆国でこの権利を持っています。

二つ目は、ツンデル氏が裁判にかけられているのは軽犯罪の咎ではないからです。重罪を科せられる事件でした。アウシュヴィッツにガス室はなかったと述べた文書を出版した咎で、懲役25年の判決を下される可能性があったのです。どのようなことをやったとしても、公平な裁判を受け、できるかぎりの弁護を受ける権利が誰にでもあるはずです。

残念ながら、わたしはそのような弁護を行なうことができる唯一の人物でした。私以外には誰もいなかったのです。」

 

モリスは、ツンデル側のビデオ撮影者が移した、ロイヒターのアウシュヴィッツ・ビルケナウの訪問の実写シーンの中に、自分自身が製作した、ナチのガス室があったとされる場所でロイヒターがサンプルを採取している再現シーンを技術的に挿入している。

ロイヒターの調査の実写シーン

モリスによる再現シーン

 

ロイヒターはこう述べている。

 

「ここでガス処刑が行なわれたと教えられました。ガス室として使われたはずの施設を見ることを期待していました。爆発の残滓のある場所を見ることを期待していました。亀裂の残滓のある場所を見ることを期待していました。ファンやパイプのあった壁や場所には穴があるはずです。ガスが室内に注入されたのちにガスを排出する装置があるはずです。丸薬を暖め、ガスを空気中に昇華させる装置があるはずです。しかし、このようなものはありませんでした。これらの施設がガス処刑のために使われたかどうかについて、不可解な点など何もありません。ガス処刑施設としては使われなかったのです。私の最良の技術的見解としては、使われたはずはなかったのです。一時に数百名を処刑するのは大変な仕事です。一人を処刑する仕事でさえも大変なのですから。銃殺刑や絞首刑のほうが簡単であると思います。」

 

 合衆国の有名な研究所がロイヒターのサンプルを分析したが、「ガス室」のコンクリート、煉瓦、漆喰にはシアン化合物の痕跡はほとんどなかった。

 1988年、ロイヒターは彼の技術的・化学的分析結果を、トロントの法廷に提出した。すぐに、大きな反響が巻き起こった。ツンデルは、ロイヒターの詳細な法医学的研究の短縮版を「ロイヒター報告」としてすぐに出版した。これ以後、「ロイヒター報告」は数十カ国の言語に翻訳され、数十万部が世界各地で出回っている。(「ロイヒター報告」は17ドル後払いで歴史評論研究所から手に入れることができる。また Institute's web siteでも手に入れることができる。)

 イギリスの売れっ子歴史家アーヴィングもロイヒターの分析結果に印象付けられ、ツンデルのために証言することに同意した。

 

「彼は大地を揺るがすような分析結果を持って戻ってきました。煉瓦にはシアン化合物の残余物の痕跡がほとんどないというのが重要な点です。この点が、私の考え方を変えたのです。トロントの法廷で報告の中のこの箇所を読んだとき、私はガス室の実在をまったく信じなくなりました。」

 

出版された「ロイヒター報告(神話の終焉)」

「修正主義的歴史家」アーヴィング

 

<攻撃が始まる>

 モリスは、ロイヒターの能力と分析結果の信用をおとしめようとして、建築家のペルトと化学者のロスをもってくる。ペルトはカナダのウォーター・ルー大学で文化史と建築を教えており、アウシュヴィッツについての本も書いている。そして、ロンドンで開かれていたアーヴィング・リップシュタット裁判では、反修正主義者のリップシュタットのために、ホロコーストその他についての長文の専門家報告を提出している。(本号に掲載されているアーヴィングの冒頭陳述参照)。コーネル大学化学教授であったロスは、ロイヒターのサンプルが検証されたアルファ分析研究所の実験室所長である。ただし、この映画では、独自にロイヒターの分析結果を検証したゲルマール・ルドルフ――高名なマックス・プランク研究所の研究員であった――、ヴァルター・リュフトル――オーストリアの法廷資格専門技術者、オーストリア技術者協会前会長――のような研究者は意識的に無視されている。("The Lüftl Report," Winter 1992 Journal, pp. 391-420参照。ルドルフ報告の要約版は9ドル後払いで歴史評論研究所から手に入れることができる。)

 モリスは、ユダヤ人活動家シェリー・シャピロ――ホロコースト生存者・友人教育センター長、アルバニー教育大学客員教授――、スザンナ・タバスキー――マルデン・ホロコースト委員会創立メンバー――のような人物を意味もなく紛れ込ませている。彼らは処刑技術や法医学、化学の分野での資格をまったく持っていない。ただ単にロイヒターを人格的に中傷するためにだけ登場しているのである

 先頭打者のペルトが、ロイヒターのことを「決してシャーロック・ホームズ」ではない「愚か者」として中傷しはじめる。ペルトはロイヒターがアウシュヴィッツとビルケナウでサンプルを採取した跡を苦労してたどったと述べ、そして、ロイヒターのことを、ペルトによるとガス処刑の「大量の証拠」が残っているアウシュヴィッツ博物館の文書館を訪れていないとけなしている。モリスはペルトがこの文書館で青写真を持っている場面を写しているが、その中身は観客にはまったく明らかにされていない。

「ロイヒター報告」を批判するペルト

焼却棟の図面を指し示すペルト(?)

 

 おそらく、ロイヒターにもっとも打撃を与えたのはロスのコメントであろう。映画では、ロスはアウシュヴィッツやビルケナウを訪問したことがないにもかかわらず、ロイヒターよりも専門的な知識を持った人物に描かれている。1988年のツンデル裁判ではロスの証言はロイヒターのサインプル採取方法を明確に支持している。

 

通常、プロシアン・ブルーは、物理的に除去しなければ、消え去りません。煉瓦のような多穴性の資材から除去するには、表面を研磨剤でこするか、高濃度の硫酸、硝酸、塩酸といった強酸を使用しなくてはなりません。多穴性の資材の表面から除去することは、その形成が深いところで行なわれている事実のために、かなり困難なのです。」

「煉瓦やモルタルといった多穴性資材にあっては、プロシアン・ブルーは、資材の表面がシールされていなければ、かなり深くまで浸透しうる。しかし、いったんプロシアン・ブルーが生成してしまうと、それが多穴性資材をシールして、浸透を阻んでしまうことがありうる。」[歴史的修正主義研究会による補足資料]

 

にもかかわらず、映画のなかでは、こう述べているのである。

 

私は、ロイヒターの分析結果が何らかの意味を持っているとは思いません。…ロイヒターのサンプル採取は正確な分析を行なうためには適切なものではありませんでした。彼は親指からこぶしぐらいの大きさの石のサンプルを持ってきました。…壁と反応したときのシアン化合物に何が起るかを調べなくてはならないのです。それはどこに生成されるのでしょうか。どのくらいの深さにまで達するのでしょうか。シアン化合物は表面の反応です。せいぜい10ミクロンしか浸透しないでしょう。人間の毛髪は直径100ミクロンです。…もし、シアン化合物を見つけようとすれば、表面だけを探せばよいのです。深くは浸透しないので、深いところを探す必要はないのです。

 このサンプルの中で、表面のものはどのサンプルでしょうか。しかも、私はそれを砕いてしまいました。一体どれなのでしょうか。壁の上のペンキを分析するにあたって、ペンキのうしろの木材を分析するようなものです。…ロイヒターは何をしようとしたのでしょうか?彼は何を証明しようとしたのでしょうか?」

 

 ロイヒターは「ガス室」の法医学的検証を行なう最良の人物であるのかどうか。そうではなく、別の分野での業績にもとづいてもう一つの分野でも能力を持っていると判断した人々によって、間違った役割を与えられてしまったのかどうか。観客の判断にゆだねられている。

 モリスは、本来は学術的議論であるべきテーマの中に、シャピロやタバスキーによる人格的中傷をばら撒いている。例えば、シャピロはスクリーンの中で「この人物は反ユダヤ主義者です。この国には憎悪を撒き散らす人々がたくさんいます。彼もその一人です」と突然断定している。

ロイヒターを人格攻撃するユダヤ系活動家シャピロとタバスキー

 

ロイヒターの振る舞い、声の調子、口調にはこのような中傷を裏づけるものは何もない。モリスは、「彼らが」誰であるのかという点に疑問を残さないようにするために、1989年の第9回歴史評論研究所大会とドイツでの会合でのロイヒターの講演を紹介する。(歴史評論研究所でのロイヒターの講演すべてのビデオは歴史評論研究所から手に入れることができる。)しかし、モリスは、ロイヒターがこのあとに、その分析結果の咎で、ドイツで逮捕され、数ヶ月間、「捜査拘束」されたこと、同じ咎で、イギリスでも逮捕・追放されたこと、ドイツの会合でロイヒターの隣にいる人物ギュンター・デッカートがロイヒターの講演を通訳しただけで、懲役1年の刑を宣告され、罰金を支払わなくてはならなかったこと("Political Leader Punished," July-August 1993 Journal, p. 26.)を伝えていない

 少しあとで、モリスはロイヒターに釈明の機会を与えている。

 

「もちろん、私は反ユダヤ主義者ではありません。ユダヤ系の多くの友人がいます。しかし、この事件のために、ユダヤ系の友人を失いました。アメリカであろうとどこであろうと、ユダヤ人に悪意を抱いてはいません。私のことを追及している人々、私を迫害・訴追しようとしている人々に悪感情を抱いていますが、そのことはユダヤ人であることとは関係ありません。関係があることは、彼らが私の生きていく権利、息をする権利、生活の糧を稼ぐ権利を奪っていることだけです。彼らは私を破滅させることを公然と表明していますが、それは、私が反ユダヤ主義団体と関係しているためでも、ナチ組織、ネオ・ナチ組織と関係しているためでもなく、カナダで証言したためなのです。」

 

 ユダヤ系の活動家はロイヒターに対する仮借のない中傷キャンペーンにとりかかり、彼は免許無しで技術的な作業を行なっていると、マサチューセッツ州政府に苦情を申し立てるまでにいたった。アメリカ合衆国の刑務官たちは、ロイヒターと一緒に仕事をしないようにとの警告書を受けとった。その結果、ロイヒターは生活手段、妻、自動車(2回)を失い、別の州で名前を隠して、つまらない仕事で稼がなくてはならなかった。

「ロイヒターは嘘つきだ!」

600万人を忘れるな!」

 

 

 映画の最後のほうで、モリスは、「ご自分が間違っていると考えたことがありませんか?過ちを犯してしまったとお考えではありませんか?」とロイヒターに尋ねている。そして、ロイヒターはこう答えている。

 

「そんなことはありません。これらの施設をガス処刑施設に変えようとして、できなかったときに、間違っていないと確信したのです。それが、確信している理由です。ガス室の実在を全力で証明しようともしましたが、そんなことはできなかったのです。」

 

 モリスは、ユダヤ人活動家がロイヒターの生活を破壊してしまったこと、自分の映画を利用して観客のロイヒター像を変えてしまうことで、自分もロイヒターを破滅させる試みに加担していることに無頓着なようである。

 

<粗末な扱い>

 ロイヒターは実生活でも率直で身を飾らない人物であるが、この映画でもそのような人物として姿を現している。このために、サンダンス映画祭、トロント映画祭、ハーバード大学でこの映画の初期のバージョンを見た観客のあいだには、これまで語られてきたホロコースト絶滅物語に疑問を抱き始めた人々も出現し、また、モリス自身がホロコースト修正主義に転向したのではないかと疑った人々も出現した。それゆえ、モリスは土壇場のところで、フィルムを再編集し、自分の反修正主義的観点を強調しようとした。ロイヒターに対する人格的な非難とともに、アウシュヴィッツとビルケナウの「ナチのガス室」についてのロイヒターの分析結果に多くの疑問を投げかけるようにしたのである。

 

<ペルト>

 ホロコースト修正主義者の諸説に対抗してか、今日では、ホロコーストでのガス室の役割を最小限にしようとする反修正主義者が存在している。しかし、ペルトはそうではない。彼は、焼却棟がアウシュヴィッツ最大の殺戮施設であると観客に語っている。2500平方フィートのこの部屋だけで、この地球のどの地点でよりも多くの人々、すなわち、50万人が殺されたというのである。

 ペルトは、この短い発言の中で二つの誤りを犯している。第一に、焼却棟Ⅱはアウシュヴィッツではなくビルケナウにある。第二に、焼却棟は2500平方フィートの部屋一つだけで構成されているのではなく、多くの部屋で構成されている。ペルトのいう「一つの部屋」とは、焼却棟の地下にある大きな二つの地下室の一つのことであり、この部屋は、この当時図面や青写真のどれであっても、死体安置室と呼ばれている。このために、モリスもペルトもスクリーンの上で図面や青写真をはっきりとは見せようとしていないのであろう。

 2500人がこのスペースに詰め込まれた(1平方フィートに1名であり、非常に密である)とすると、焼却棟Ⅱが稼働している623日(1943年3月15日から1944年11月27日)のあいだに200回の大量ガス処刑があった、大雑把に言えば、この一つの建物だけで少なくとも3日に1度大量ガス処刑があったことになる。(それほど詰め込まなければ、もっと頻繁にガス処刑を行なわなくてはならないことになる。)ペルトは、この殺戮行為についての妄想を立証しようとして、4つの証拠の断片をあげている。すなわち、焼却棟のための「ガス検知器」を発注する手紙、「ガス室」の暖房と換気に触れた手紙、のぞき穴のついたガス気密ドアの発注書、「Vergasungskeller(ガス処理地下室)」という単語が赤線で強調されている手紙である。「ガス室」にチクロンBを投入した装置については、ペルトは映画の別のシーンで、いつでも見ることができるようにいいながら、一度も見せていない。ペルトはまた、「毎年、遺骸の一部、骨や歯が発見されます。土地は年中耕されているからです」と述べているが、映画の中で、この遺骸の一部を見せてもいなし、それが発見された場所を観客に教えてもいない。

 数十万のガス処刑犠牲者が存在したというペルトの主張についての、ペルトとしては第一級の資料、最大の証拠は、「すぐに10個のガス検知器[Gasprüfer]を送ってください。発送状はあとで」というSS少尉ポロックからエルフルトのトップフ社あての1943年2月26日の電報である。

 

ガス検知器[Gasprüfer]を注文する電報

 

 ペルトは、ガス検知器という単語が存在すれば、それが使われたガス室が実在したと推論してしまう。しかし、ペルトの協力者の一人であるフランス反修正主義者プレサックでさえも、これらのガス検知器が犯罪目的でない目的で使われた可能性があることを認めている。これらがどのような系死地のガス検知器であったのか、どのように使われたのか、どこで使われたのかを明らかにしないかぎり、この資料は無意味である。(Arthur R. Butz. "Gas Detectors in Auschwitz Crematory II," Sept.-Oct. 1997 Journal, pp. 24-30.参照。)

 ペルトの第二の資料は、ペルトによるとビルケナウの焼却棟Ⅱの死体安置室を殺人ガス室に改築することを決定した責任者である収容所建築家カール・ビショフSS大尉の1943年3月6日の手紙である。ビショフは焼却棟ⅡとⅢについてこう述べている。

 

「あなたの提案にしたがって、死体安置室Ⅰを前もって暖めておくべきです。同時に、脱衣室の排気装置の変更のための追加的見積もりをおくってくれるように求めるでしょう。」

 

 ペルトの考え方はプレサックと軌を一にしている。プレサックは、死体安置室には暖房装置が必要ない、言及されている換気システムは大量処刑後に残ったガスを除去するためのものであると信じている。しかし、死体安置室を暖めておくことは冬期の凍結を防ぐために必要とされており、換気システムの変更もこの当時のドイツの死体安置室に標準的な能力のことを指しているにすぎない。しかも、ペルトはこの装置が設置されなかったことを伝えていない。前もって暖めておく装置、換気システムに触れた資料があったからといって、それが殺人ガス室の実在を確証しているわけではない。殺人ガス室の実在を確証してはじめて、そのような資料が何らかの意味を持つのである。(Carlo Mattogno, "The Crematories of Auschwitz: A Critique of Jean-Claude Pressac," Nov.-Dec. 1994 Journal, pp. 34-42.参照。)

 ペルトによるロイヒターを反駁する三番目の証拠は、やはりビショフからの1943年3月31日の手紙である。そこにはこうある。

 

3つのガス気密ドアが完成しました。焼却棟Ⅲからのガス・ドアの追加注文を思い起こしてください。8ミリの二重ガラスののぞき穴も設置しなくてはなりません。この注文はとくに緊急です。」

 

3つのガス気密ドア」

 

 モリスは、この場面で、金属製のガス気密ドアの外側にあるのぞき穴をズームアップしている。しかし、注目すべきことに、このズームアップは特殊効果を使いながらのぞき穴を通過し、観客はビルケナウの焼却棟Ⅲではなく、アウシュヴィッツ中央収容所の「ガス室」の中に導かれる。

オリジナルのものではない金属製のガス気密ドアののぞき穴から、やはり戦後に「殺人ガス室」として捏造・展示されたアウシュヴィッツ中央収容所の「死体安置室」を覗く

 

アウシュヴィッツ中央収容所の「ガス室」は、オリジナルなものであると長年主張されてきたが、今ではそうではないことが明らかとなっている。さらにアウシュヴィッツやビルケナウの「ガス室」はこのようなドアを備えていない。だから、モリス(この映画の制作中にアウシュヴィッツとビルケナウを訪れている)は、ペルトの説を立証するために、ガス気密ドアのついたガス室を捏造したことになる。ペルトはこのドアのことについて詳しく述べていないので、このドアは、合衆国ホロコースト博物館に展示されているような害虫駆除室のためのものかもしれないし、クロウェルが指摘しているように防空シェルターのためのものかもしれないのである。("Wartime Germany's Anti-Gas Air Raid Shelters: A Refutation of Pressac's 'Criminal Traces'," July-August 1999 Journal, pp. 7-30.参照。)

 ペルトがロイヒターを反駁すためにあげている最後から二番目の証拠は、戦時中のドイツ側資料で一度だけ使われた単語であり、一本の下線が引かれている。ペルトはこの単語はユダヤ人の大量ガス処刑を示唆していると解釈している。

 

「コードがありました。ドイツ人はコード言語を使っていました。絶滅という単語を使ってはならず、『特別行動』とか『特別措置』という単語を使わなくてはならなかったのです。ガス室のような単語を使ってはならないという明確な方針がありました。この点では、[1943年]1月29日のビショフの手紙は例外です。すべての作業をつかさどり、『ガス室』といった用語を使ってはならないというガイドラインを定めた人物によって書かれた手紙だからです。建築局の誰かが『Vergasungskeller』、文字通りには『ガス処理地下室』という単語に下線を引き、上に、『キルシュネクSS少尉』というメモを残しています。つまり、キルシュネクはこの筆のすべりを知っていたはずなのです。ナチは最初のホロコースト否定派でした。彼ら自身がまず、何が起っていたのかを否定しようとしたからです。」

 

Vergasungskeller(ガス処理地下室)という単語の登場する文書

 

 とくに指摘しておかねばならないのは、ペルトが文書資料全体を引用しないで、一つの単語だけを文書から取り出してきていることである。ペルトが言及している二つにセンテンスには多くのことが記してあるだけに、そのようなやり方は遺憾である。このセンテンスはこう述べている。

 

「死体安置室の鉄筋コンクリート製の天井は、凍結の影響のため、まだ型枠が撤去できません。とはいえ、これはたいしたことではありません。というのは、その目的のためには、Vergasungskeller(ガス処理地下室)が利用可能だからです。」

 

 厳冬地域の地下死体安置室には事前の暖房が必要であることがわかる。また、「Vergasungskeller」という単語については、「ガス処理地下室」と解釈できたとしても(ガス室を意味するドイツ語の単語はgaskammerである)、この用語が何を意味しているかについては、依然として解明できない点が多い。この単語のことを言及しているのはこの手紙だけであり、青写真も含めて、その他の文書資料にはまったく登場してきていない。つまり、①この用語が何を意味しているのか、誰も確証できない、②その部屋がどこにあったのか、誰も確証できないのである。だから、このような単語の使用を禁止していたといわれる当の本人がこのような「筆のすべり」をしていることは、別の場所にある別の施設を間違ってそのように呼んでしまったという可能性があるのかもしれない――このために、この用語が登場するのはこの手紙だけであり、焼却棟の図面にも登場してきていないのである――。ペルトは、このような可能性をまったく検証せずに、この単語は、大量処刑のために作られた焼却棟の中のどこかの部屋を指していると断言してしまっている。(Arthur R. Butz, "The Nagging 'Gassing Cellar' Problem," July-August 1997 Journal, pp. 20-23.参照。)一体どのようにしたら、ペルトのように、これらの根拠薄弱なアイテムにもとづいて、アウシュヴィッツとビルケナウでは100万人がガス処刑されたと信じることができるのだろうか?

 ペルトは、少なくとも200回の大量ガス処刑が行なわれた現場、すなわちナチのガス室の実在を立証する物的資材は大量に存在し、その施設を調査することも可能であると主張している。だとしたら、彼はどうして科学的実験調査、ひいては法医学的な調査の実施を提案しないのであろうか。映画末尾のクレジットによると、モリスの周辺には、ペルトがサンプルを採取して計測するのを支援することができる数十名のスタッフがいたはずである。(モリスは50名のスタッフをポーランドに連れて行ったと別のところで述べている。)ペルトは、ロイヒターの調査現場を丹念に後追いしたと述べているので、ロイヒターの方法にも通暁しているはずである。さらに、この映画のアウシュヴィッツの場面では、ハンマーとのみを使ってサンプルを採取する再現シーンが何回も登場している。

 ペルト(そしてモリス)はこのような物的資材、アクセス手段、時間と人員を持っており、ロイヒターの間違いを熟知しているはずにもかかわらず、自分たち自身のサンプルをロスに渡して、それを検証してもらうようなことはやっていない。こうした化学的検証、法医学的実験を実施するのではなく、ペルトがやったことといえば、ロイヒターは、アウシュヴィッツという「聖遺物の中の聖なるもの」を冒涜した無学無教養な愚か者であると攻撃したことだけであった。こうした口ぶりは、学者でも、冷静な研究者の姿勢でもない。異端者と戦う狂信的な信徒の姿勢なのである

 ペルトはロイヒターとの論争に熱中するあまり、次のような驚くべき発言をしている。

 

「ロイヒターは、その場所はそのまま現存していると何回も語っています。しっかりと観察すれば、その発言がまったくナンセンスであることがわかります。…焼却棟の煉瓦はどこに行ったのでしょうか?私はそれがどこにあるのか知っています。本当のサンプルがある場所は、焼却棟の西の農家です。人々が生活し、子供たちが遊び、犬がほえている農家にあるのです。」

 

 ペルトがしゃべっているあいだ、カメラは彼がビルケナウの焼却棟の廃墟の低い煉瓦の壁に沿って歩いていく姿を映し、そして、近くの煉瓦の家に転じる。

ロイヒターがサンプルを採取した焼却棟の煉瓦などの資材すべてが、現在は別の場所にあるという印象操作

 

たしかに焼却棟の煉瓦の多くは別の場所に行ってしまっているのかもしれないし、ルドルフが明らかにしたように、焼却棟ⅣとⅤがあった場所にある土台壁は戦後に作られたものである。しかし、たとえそうであっても、焼却棟Ⅱの「ガス室」のコンクリート、煉瓦、漆喰はそのまま残っており、その多くは、崩壊した屋根によって風雨から守られてきた。他の焼却棟のレンガについて、ペルトは、それがどこにあるかを知っているかのように振る舞い、そのことを検証していない件でロイヒターを繰り返し批判している(したがって、ロイヒターの基本的アプローチは正しいことを認めていることになる)。しかし、彼は、「ガス室」で使われていた建設資材の化学的分析の実施を求めようともしていない

 

<ロス>

 この映画を見て、ジェームズ・ロスがロイヒター報告の分析結果をまったく覆したと書いている、評論家が何名もいる。この誤解は、ロイヒター報告の化学分析の分野を担当したのがロスの研究所であったという事実と、ロイヒター報告があつかっているのはもっぱら(おもに)「ガス室」の中のシアン化合物残余物の化学的検証であったという誤った憶測から出てきている。これらの評論家の誰一人として、「ミスター・デス」の中でのロスのコメントと、1988年のトロントでの宣誓証言とを比べていない。例えば、ロスは映画の中ではこう述べている。

 

「壁と反応したときのシアン化合物に何が起るかを調べなくてはならないのです。それはどこに生成されるのでしょうか。どのくらいの深さにまで達するのでしょうか。シアン化合物は表面の反応です。せいぜい10ミクロンしか浸透しないでしょう。人間の毛髪は直径100ミクロンです。」

 

ロイヒターのサンプルの化学的検証の再現シーン

前言を翻すロス

 

 しかし、トロントでの証言台では、ロスはロイヒターが「基準」サンプルを採取したビルケナウのシアン化水素害虫駆除室一号室の壁にある青いしみのカラー写真を見せられて、その青いしみは、シアン化水素と煉瓦の中の鉄分子が反応して形成された、通常は「プロシアン・ブルー」(鉄青とも呼ばれている)と呼ばれているものであると述べている。この反応は暖かく湿った環境の中でもっともよく起り、非常に安定した化合物を作り出す。そして、ロスは、プロシアン・ブルーは多穴上の表面に浸透し、浸透の深さは資材の多穴性の程度と湿気の程度によると証言している。(エルンスト・ツンデルに対するカナダの「虚偽の情報」裁判に関するバーバラ・クラシュカの裁判記録は、53ドル後払いで歴史評論研究所から手に入れることができる。)

 サンプルを砕いてしまえば、それらを無意味にしてしまうほど、希釈されてしまうのか?トロントでは、ロスは、「言い換えれば、私たちは大きなサンプルを解析し、そこからサブ・サンプルを取り出しました」と証言している。

 映画では、ロスは、1988年の法廷証言の中で言及した標準的やり方には欠点があるので、サンプルが破滅的なほど希釈されてしまうという結論のどのように達したのか伝えていない。

 トロントでの証言席で、ロスは次のように証言している。鉄分を検証したすべてのサンプルは同じレベルであった。各サンプルの中での鉄分とHCNとの反応は同じであった。害虫駆除室からの基準サンプルからは1kgに付き1000mg強のシアン化合物が検出された。次に高濃度の残余物が検出されたサンプル、すなわち「殺人ガス室」のサンプルからは、1kgに付き6.7mg、7.9mgのシアン化合物が検出された。基準サンプルの1%以下である。「ガス室」のサンプルが再三にわたってHCNにさらされていたとすれば、プロシアン・ブルーが形成されるはずである、と。

 ロスは映画の中では、奇妙なことに、サンプルを砕くことで生じる希釈は「ガス処刑施設」から採取された30の煉瓦、漆喰、コンクリートのサンプルだけで、害虫駆除室からのサンプルには希釈は生じていないと信じ込ませようとしているが、こうした不可解なことが起る確率はきわめて低いであろう。

 壁のペンキは壁のうしろの木材にまでは浸透していないこと、ロスは、ビルケナウで使われている煉瓦の壁にまったく浸透している青いしみが存在しているのを知っている(もしくは、ビルケナウの害虫駆除室の写真から知るべきであった)ことを指摘しておく価値はあるであろう。ロスは、青いしみを見ることができない場合でも、「化学的には、見ている以上のものを検出することができます」とトロントで証言している。おそらく、映画の中でロスが言及しているものの実態は、ユダヤ人・ロビーの粉砕力であって、そのために、彼は豹変して、ロイヒターのサンプルは無意味であると主張するにいたったのであろう

 

Not True to his Art>

 この映画の評者は、この映画は人間の傲慢さに焦点をあてているというモリスの発言をしばしばとりあげている。しかし、正確に表現すれば、この傲慢さとは、ロイヒターの傲慢さではなく、モリスの傲慢さである。

 モリスも多くの人々同じように、自分はホロコーストについて嘘を信じ込まされていない、自分はロイヒターやその他の懐疑派よりも事実を知っていると思い込むという傲慢さの犠牲者である。しかし、フレッド・ロイヒターはカメラの前で、狂人のように映るどころか、修正主義者の立場をシンプルかつ納得の行くように説明したので、モリスが手を加えても、その様子を変えることはできなかった。モリスは見通しを欠いていたために、ロイヒターの分析結果の論理、常識、根拠に意表を衝かれてしまい、上映するには危険すぎる映画を製作してしまった。だが、モリスは困惑してしまったことを認めるのではなく、ロイヒターを血祭りにあげて、自分の自尊心を救済し、絶滅神話を守ろうとした。その結果できあがった映画は、当初考えられていたほど印象的でもなく、考えさせられるものでもない。「ミスター・デス」は影響を与えることはないであろうし、まして、ホロコースト絶滅論に対する冷静な考察に火をつけるような火花を提供することもないであろう。

 ただし、アウシュヴィッツの「ガス室」に対する法医学的検証が、この映画、数十の記事、映画評のテーマとなったことは、歴史認識の面では前進である。それだけではない。映画のチケットを購入した人であれば、ホロコースト史学に革命を促した穏やかで、控えめな人物、すなわち、フレッド・ロイヒターを見ることができ、その話を聞くことができる。

 

歴史的修正主義研究会ホームへ


『いわゆるヒトラー一派のガス室といわゆるユダヤ人の虐殺は、同一の歴史的嘘である。この嘘のおかげで、非常に大きな政治的・金銭的詐欺行為が容認され、そのおもな受益者はイスラエル国家と国際シオニズムであり、そのおもな犠牲者はドイツ国民―その指導者ではない――とパレスチナ民族全体である。』

— ロベール・フォーリソン教授博士

Palestine banner
Viva Palestina!

What is this Jewish carnage really about? - The background to atrocities

アウシュヴィッツでの死亡者は何名か?
ロベール・フォーリソン

ホロコースト修正主義についてのQ&A

Judaism is Nobody's Friend
Judaism is the Jews' strategy to dominate non-Jews.

Jewish Manipulation of World Leaders - Photos 

Elie Wiesel - A Prominent False Witness
By Robert Faurisson


Iraq under Jewish occupation
Iraq - war and occupation


アウシュヴィッツの争点
木村 愛二

写真はナチスのユダヤ人絶滅を証明しているか? 
ウド・ヴァレンディ

Hasbara - The Jewish manual for media deceptions

総統代理ルドルフ・ヘスの遺産
マーク・ウェーバー

Britain under Jewish occupation!


Jewish World Power
West Europe    East Europe
Americas          Asia
Middle East       Africa
      U.N.              E.U.

 

The Internet and Israeli-Jewish infiltration/manipulations

Books - Important collection of titles

フランスのイスラエル=シオニスト・ロビー
ロジェ・ガロディ著

我が闘争
アドルフ・ヒトラー (抄訳)

Jews and Crime  - The archive!

When Jews rule...
The best book on Jewish Power


Sayanim - Israel's and Mossad's Jewish helpers abroad

ルドルフ報告 - アウシュヴィッツの「ガス室」の化学的・技術的側面についての専門家報告

The Israeli Nuclear Threat

The "Six Million" Myth

Jewish "Religion" - What is it?

Medias in the hands of racists

Down with Zio-Apartheid
Stop Jewish Apartheid!

Israel controls U.S. Presidents
Trump, Obama, Bush, Clinton...

修正主義の勝利
ロベール・フォーリソン

The Jewish hand behind Internet The Jews behind Google, Facebook, Wikipedia, Yahoo!, MySpace, eBay...

アメリカのイスラエル=シオニスト・ロビーロジェ・ガロディ著

The Jews behind Islamophobia

ワシントン最強の親イスラエル圧力団体

The Founding Myths of Modern Israel
偽イスラエル政治神話
ロジェ・ガロディ著


Jewish hate against Christians
By Prof. Israel Shahak

シオニスト『ガス室』謀略の周辺事態

トレブリンカ - 絶滅収容所か通過収容所か
C. マットーニョ、J. グラーフ

Karl Marx: The Jewish Question

アウシュヴィッツ:伝説の終焉
カルロ・マットーニョ

"Anti-Semitism" - What is it?

動画   

The Jews Banished 47 Times in 1000 Years - Why?

シオン長老の議定書

The International Jew - By Henry Ford

Pravda interviews Ahmed Rami

The Founding Myths of Modern Israel
Shahak's "Jewish History"


1980年代のイスラエルの戦略 この記事は1982年2月『Kivunim、A Journal for Judaism and Zionism』の第14号、冬季5742にヘブライ語で掲載されたものである。

Judaism and Zionism inseparable

第二次大戦中のドイツの強制収容所における殺人ガス処刑についての目撃証言
ユルゲン・グラーフ

"Jewish History" - a bookreview

写真  

アウシュヴィッツ国立博物館員ピペル博士へのインタビュー
デイヴィッド・コール

Racist Jewish Fundamentalism

The U.S. cost of supporting Israel

Talmud unmasked
タルムード抜粋一例

Jews DO control the media - a Jew brags! - Revealing Jewish article

航空写真と矛盾している12の「目撃証言」(J.ボール)  

Quotes - On Jewish Power / Zionism

今日の米国ユダヤ人の経済力

政治漫画 

戦いに参加する - Join the Fight!